女性の悩み

女性の病気やお悩みは漢方で。
気血水の流れを良くして、すっきりした毎日へ。

女性のお悩みは漢方の得意分野です

生理不順、生理痛、冷え症、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣膿腫、不妊症、更年期障害など、 女性特有または女性に多い病気を漢方で治したいとのご相談は他の病気より多いです。

漢方では昔から「血の道症」といって治療経験が多数あります。
女性の病気は漢方の得意とする病気の一つと言えます。

特有の症状

現代医学は「病名治療」漢方は「体質改善」

現代医学では人間の身体を部分に分けて考え(細かく分かれた診療科)、また身体と心(精神面)を切り離して治療します。女性の病気に対しては手術やホルモン療法、安定剤などの精神科的療法をとります。病院ではまず病名を診断し、比較的画一的に病名ごとに決められた治療を行います。

ところが漢方では、同じ病名でも症状や体質によって異なる漢方薬で治療します。 症状が改善されたらその症状が起きないように体質改善をします。
また、身体と心は一つと考えたり、「気」を大切なものと考えたりしますので、精神的な症状を重要視します。

病名がつかなくても不調を感じておられる方も多く、診断されないことで余計に不安になることもあると思います。

女性の病気は特に身体と心の両方にまたがることが多いように感じます。
ですから、薬の副作用が出たり手術はしたが再発したりと現代医学でうまくいかなくても、漢方でうまくいくケースが多いのではないでしょうか。
もちろん漢方と病院の治療とを並行して行い、うまくいくケースも多くあります。

漢方の目でみた女性の病気

漢方では人の身体や病気を独自のものさしで判断します。 漢方の目で女性の病気をみると、主に次のような原因が考えられます。

①お血(おけつ)

簡単に言うと「古血の滞り」です。気血水(きけつすい)のどれもが順調にめぐらなければ健康にはならないと考えます。

②腎虚(じんきょ)

漢方の「腎」とは腎臓そのものだけでなく「泌尿生殖器と脳」のグループですが、そこが弱っているということです。

③脾虚(ひきょ)

漢方の「脾」とは脾臓・膵臓・胃のグループで「血を統治する」役目をします。

同じ女性として、一人でも多くの女性が漢方で本物の健康を手に入れ、幸せになっていただきたいと心より願います。

女性の病気
お勧めの薬は

皮膚は内臓の鏡
お肌のお悩みは、体の内側に原因があることも。

漢方では皮膚のお悩みも全体的にとらえます。

お肌に関するご相談はよくあり、内容も様々です。
ニキビ、じんましん、アトピー性皮膚炎、乾燥肌、主婦湿疹、長引いた皮膚病などなど、お子様からご年配の方まで、皮膚トラブルでお悩みの方は多くいらっしゃいます。

美容の大敵、シミやしわも皮膚トラブルの一つです。
ただし皮膚は、身体全体を包む膜ですから、皮膚だけが病気なのではありません。 皮膚のトラブルは、身体の状態を反映していると言えるのです。

皮膚病

身体の状態等によっても、最適な漢方薬をお選びします

漢方はどのような症状や病気も、全身の状態や生活習慣などからとらえます。
皮膚も皮膚だけでなく、全身の状態や精神的なこと、生活習慣など考慮し、なぜトラブルが起きているかを考えます。

皮膚の炎症などが強く、身体全体の状態よりも皮膚そのものの状態の改善が優先する場合には、もちろん皮膚の改善を優先した漢方薬が適しています。
体質改善を目的に身体全体の状態や体質から選ぶ漢方薬はその人その人で様々です。

胃腸が弱っている人のニキビには、胃腸を治す漢方薬。

ストレスからくるじんましんには、気をめぐらせる生薬が入っていて精神的な症状に良い漢方薬。

全体的に力がないいわゆる虚弱体質のアトピー性皮膚炎には、体力をつける漢方薬。

更年期頃に発症した皮膚病や生理の周期で悪化する皮膚病には婦人病に良い漢方薬。

このように身体全体の状態から選ぶ漢方薬が皮膚の症状を改善することはよくあります。

お勧めの薬は

病気という程ではないけれどもすっきりしない…
その原因不明の症状はアレルギー性鼻炎が原因かもしれません。

こんな不快な症状になやまされていませんか?

かぜでもないのに、突然くしゃみや鼻水がとまらない。鼻もつまる……。
そんな症状が起こったら、アレルギー性鼻炎かもしれません。アレルギー性鼻炎は、アレルギー反応によって起こる鼻の粘膜の炎症です。
くしゃみ 近年、アレルギー性鼻炎にかかる人の数は増加しており、日本人の5人に1人は、この鼻炎に悩まされているといわれています。

花粉症

アレルギー性鼻炎の症状とは

アレルギー性鼻炎は、発作的に起こるくしゃみ、鼻水(さらさらした水のような鼻水)、鼻づまり(鼻閉)が繰り返し起こるのが特徴です。
この鼻炎には、症状が1年中出る「通年性アレルギー性鼻炎」と、一定の季節に限って症状が現れる「季節性アレルギー性鼻炎」の2つがあります。
また2つが同時に起こることもあります。

通年性アレルギー性鼻炎の場合、冬に比較的強い症状が出ます。
暖房で窓を閉め切っているため室内にハウスダストが飛び回り、さらに空気が乾燥することから症状が悪化します。
合併症として、ぜんそくやアトピー性皮膚炎が起こることもあります。

季節性アレルギー性鼻炎のほとんどは「花粉症」と呼ばれるもので、その発症時期は、原因となる植物の開花時期と一致しています。
鼻の症状のほか、目のかゆみ・充血(アレルギー性結膜炎)、のどの違和感、皮膚のかゆみ・湿疹、咳、頭が重たい感じなどの症状が出ることがあります。

現在、日本人の約20%が花粉症だといわれています

花粉症とはスギやヒノキなどの植物の花粉(=アレルゲン)によるアレルギーのことです。

花粉が鼻や目の粘膜に接触することでアレルギー反応があらわれます。 毎年、樹木や草花の花粉が舞う季節に繰り返しおこります。

症状は鼻の三大症状(くしゃみ・鼻水・鼻づまり)に目の症状(かゆみ・なみだ・充血など)を伴うことが多く、その他にノドのかゆみ、せき、皮膚のかゆみ、熱っぽいなどの症状があらわれることもあります。

もちろん花粉を避けることもある程度は必要かと思いますが、その場しのぎの表面的な対策でしかないようにも思えます。
ただし花粉症の最大の原因は、花粉そのものではなく、花粉に過剰に反応してしまう身体と考えるのが漢方の考え方です。

お勧めの薬は
Home Top